金額の相場について

出産祝いの金額の相場について

お祝いのマナーについて

出産祝いに商品券や現金を贈る場合の金額の目安です。

贈る側の立場や年齢により、若干金額が変わってきますのでご注意ください。

お祝いの一覧について

親から子供へのお祝いについて

親の相場・・・3万~5万(親の年齢は関係ありません)

兄弟・姉妹へのお祝いについて

贈る相手との関係・・・20代の金額の目安・・・30代の金額の目安
兄弟・姉妹への相場・・・1万~2万円・・・1万~2万円

贈る相手との関係・・・40代の金額の目安・・・50代以上の金額の目安
兄弟・姉妹の相場・・・3万円程度・・・3万円程度

いとこ、甥、姪へのお祝いについて

贈る相手との関係・・・20代の金額の目安・・・30代の金額の目安
親戚・親類の相場・・・5千~1万円・・・7千~1万円

贈る相手との関係・・・40代の金額の目安・・・50代以上の金額の目安
親戚・親類の相場・・・1万~1万5千円・・・2万~3万円

友人・知人へのお祝いについて

贈る相手との関係・・・20代の金額の目安・・・30代の金額の目安
友人・知人の相場・・・5千~1万円・・・5千~1万円

贈る相手との関係・・・40代の金額の目安・・・50代以上の金額の目安
友人・知人の相場・・・1万~1万5千円・・・5千~1万円

隣・近所へのお祝いについて

贈る相手との関係・・・20代の金額の目安・・・30代の金額の目安
隣・近所の相場・・・3千円程度・・・3千円程度

贈る相手との関係・・・40代の金額の目安・・・50代以上の金額の目安
隣・近所の相場・・・5千~1万円・・・7千~1万円

職場の上司からのお祝いについて

職場の立場・・・金額の相場

一般社員・・・5千~1万円

係長・課長クラス・・・5千~1万円

部長クラス以上・・・1万~1万5千円

二人目のお祝いについて

第2子以降も引き続きお祝いを贈るのがマナーです。

お祝いの金額も平等なのがベストですが、経済的に負担になるようなら、第1子の4分の3から3分の2程度でも構いません。

双子のお祝いについて

生まれた赤ちゃんが双子の場合は、2倍の金額を贈るのがマナーです。

お祝い品は、同じ品を二揃え贈ることが原則です。

祝儀袋の書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御出産」「祝 御出産」など

表書き/名前:上書きよりやや小さめの字でフルネーム

渡す時期:お七夜(生後7日目)からお宮参り(出産1ヶ月前後)までの間

出産祝いののし

内祝い(お返し)のマナーについて

金額は、それぞれもらったお祝いの半額程度としても、もらったお祝いの多少にかかわらず一律同じものとしても、どちらでも構いません。

または、目上の人にはいただいた額の3分の1程度、後輩には半分よりやや多めにするなど、ケースバイケースで使い分けてください。

相手がまだ独身の場合には、その人の結婚祝いに額を上乗せするという方法もあります。

会社からお祝いをもらった場合は、お返しは不要ですが、「○○一同」などの形で個人から金銭が出ている場合は、お菓子のようなものでも構わないのでお返しをします。

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

達磨の紹介と取り扱い通販サイトについて

こちらの「高崎だるま」は、高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイトにて、販売しております。

お祝いだるまの紹介

安産祈願グッズのプレゼント

出産祝いの贈り物

妊娠祝いのプレゼント

ブライダルだるまの紹介

結婚式の寄せ書きだるま

披露宴の寄せ書きだるま

犬好きな方への結婚祝い